プログラム参加後の追跡調査をしたところ、内緒にしている人が多かったので暴露します(^o^)

こんにちは!
今日は外が涼しいので
中は冷えてることはないだろうと思ったら
やっぱりここのカフェは冷えていて、
入るのに躊躇した、
木戸一敏です(;´∀`)

でも、羽織るものを持っていたので
そのカフェに入りました(^o^)v

出かけるときは
羽織るものを持った方がいいですね。

さて・・・

前号で紹介した
レター83枚で保険9件、車3台、
不動産1件が売たOさん以外にも、、

・レター400枚で紹介10件、
 そのうち6人が高額契約が
 即決になった保険業Sさん

・レター180枚で36人から感想が届いて
 20人が見積もりに進展した
 リフォーム会社のTさん

・1000万円超の新規契約が
 2件カンタンに決まった建築業のHさん

など続々と報告があります。

というか本当は
私がプログラム参加後の
追跡調査をして
わかったことなんですが(^o^;)

みんな内緒にしているんですよね。。

でも、素晴らしい成果を上げていて
とても気分がいいので、

今日はこのような成果を上げられる秘訣を
公開したいと思います(*^^*)

その秘訣を一言でいうと・・・

【相手を思い浮かべること】

これがメチャ重要です。

見えない世界の話になりますが
相手を思い浮かべると
それが伝わる人が必ずいます。

ただ多くは
いちいち思い浮かべることはしません(><)

そんなことをしていると非効率なので
販促ツールを作るとき
事務的に流れ作業のように
進めているケースがほとんど。

でも実は効率的にしたつもりが
非効率になっている

…というより
何も反応のない販促ツールを
量産しているだけ
という悲しい結果になっているんです(><)

そうではなく
相手を思い浮かべようとすることで、

「そういえば○○さん
もう2年くらい会ってないなぁ~」

と一人のお客さんの顔がイメージできます。

これも、”気にかけ”です。

思い浮かべる行為は
そのお客さんに
エネルギーを費やしている
ことになりますからね(^^)

「でも木戸さん、既存客ならわかりますが
新規客は会ったこともないので
そんなことできないですよ」

はい、言われるとおりです。

実はここが”ミソ”で
既存のお客さんをいつも思い浮かべるのを
クセ付けることで、、

新規集客するときに
こんなことができるようになるんです。

「既存のお客さんの
○○さんのような人が来るように~」

とイメージしながら
販促ツール作りをするんです。

そうすれば
販促ツールに何を書くべきかが
見えてきますよね。

販促ツールが
商品の話ばかりなってしまうのは
^^^^^^^^^^^^^^^
来て欲しい人がイメージできていないからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ここに
反応が得られない
大きな原因があります。

そんなわけで
ぜひ、相手を思い浮かべることを
してみてください。

販促ツールに何を書けばいいかが
見えてきますよ(^o^)

 

 

▼今日のポイント
【販促ツールが商品のことばかりになるのは
来て欲しいお客さんが
イメージできていないことを理解しよう】