自信喪失の新人営業マンが一瞬でトップ営業になった方法

こんにちは!
1年半ぶりに池袋のインドカレー店に行くので
わくわくしている、
木戸一敏です(^o^)

コロナで飲食店が
大変な状態になっているので
インドカレー店があるか心配ですが
人気のお店なので大丈夫ですよね(^^)

さて、今日のテーマは、

「自信喪失の新人営業マンが
一瞬でトップ営業になった方法」

です。

実はこれ、
先日モエル塾メンバーのYさんと
売れる組織づくりの事例で話した内容です。

この方法を実践すれば
わくわくでいっぱいの会社になります(*^^*)

今日はそんな方法をシェアしますね。

自信喪失の新人営業マンが
一瞬でトップ営業になったのは
私ががっちりコンサルしていた
Kさんの会社での話です。

そのKさんから
入社4ヶ月の新人営業マン
Uくんのことで相談がありました。

Uくんは二十代半ばで
リフォーム業界は初めて。

当然、見るもの聞くものすべてが
初めてなので専門用語を連発されると
頭の中が真っ白になります(><)

覚えることが山ほどある上、
お客さんは全員
自分の親以上の年齢の人ばかり。

そんなことでUくんは
おどおどする毎日・・・・。

当然こんな状態じゃ売れません。。

「せっかく入社してくれたのに
このままじゃUくん
辞めてしまいますよね…」

とKさんが心配していました。

そこでUくんの性格や履歴、
趣味、特技などを聞いていく中で
あることをひらめきました(^o^)

それは・・・

「魚さばき勉強会」の開催です!

?????

意味不明だと思いますので
順を追って説明しますね(^o^;

Uさんの前職が魚屋さんで
そこに3年勤めていたというので
まあまあのプロです。

そこでUさんを
魚さばきの先生にして
勉強会を開催することを提案しました。

最初は躊躇していたUさんでしたが、

「魚屋さんのときにやっていたことを
そのままやるだけでいいんだよ」

と言うと小さい声で
「わかりました…」と言ってくれました。
(半分ムリヤリ感はありますが^^;)

そして既存のお客さんに
「魚さばき勉強会」の案内文を送り集客し、
その1ヶ月後・・・

「魚さばき勉強会」開催日となりました。

KさんがUくんをサポートしながら
司会進行をしていたんですが
Uくんはガチガチに緊張。

すると、
参加した一人のお客さんがUくんに、

「先生、この部分のさばき方は
これでいいんでしょうか?」

と聞いてきました。

Uくんは「先生???」
一瞬周りを見渡します。

「えっ、僕のことですか??」

自分の母親以上の歳のお客さんから
先生と呼ばれたUくんはさらに緊張(><;)

ところが、
だんだんとUくんの顔が緩み出して
最後は笑顔が出るようになりました(^o^)

魚さばき勉強会が終わって
コーヒータイムのとき、
参加者の一人がUくんに話しかけてきました。

「先生、リフォームしたいんですけど
一度私の家のキッチン
見ていただけますか?」

なんと!

リフォームの相談です(^o^)

実はこの相談が初契約となり
これを機会にUくんが
どんどん力を発揮するようになったんです。

そして今は
営業部のリーダーとして
みんなを引っ張る立場に
大変身しました\(^o^)/

こんな感じで
売れないときは、

ダメな部分を探してそこを改善させるより
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どうしたら笑顔になれるかを探す。
^^^^^^^^^^^^^^^
こうした方が
ハッピーハッピーの関係になれます(^^)

Uくん以外にも
たくさんの事例があるので
またの機会に紹介したいと思います。

 

▼今日のポイント
【笑顔にらざる得ない仕掛けを探してみよう】