一発で信頼される方法が1通のメールにありました


こんにちは!
ここのところ会社にいるときは
ず〜っと白湯しか飲んでいなかったので
麦茶が超美味くて感動した、
木戸一敏です(^o^)

突然ですが・・・

「信頼」って
どうしたら得られるものだと
思いますか?

信頼さえ得ることができたら
集客率も契約率も
格段にアップするようになりますよね。

「信頼を得るには時間をかけるしかない」
という話を聞きますが
どんなに時間をかけても
信頼は得られないケースもあります。

ではどうしたらいいか?

その答えが
昨日Hさんからいただいた
メールにありました。

まずはご覧ください。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

気にかけについて理解が
深まったように思えます

自分が特に印象に残ったのは
「利害関係」というワードです

私は自分に自信がない保険営業マンです

なので自分よりも商品

自分よりも所属会社

それらを全面的に押し出して
営業に取り組んでいました

つまり利害関係にしがみついていました

一人の人間としての
信頼関係などできるはずがない

そんなふうに無意識に思っていました

でもお客さんにとってはそのせいで
私の人柄に関しては
全く分からなかったことだと思います

「声をかけづらい」
「売られるのではないか」
「そもそもどんな人かわからない」

そう思わせていたのではないかと
今までのことを見つめ直していました

木戸さんの話をきいて
少し前が明るくなったように思えます

改めてありがとうございました

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このHさんのメールを読んで
めちゃ正直な人だと感動しました。

・私は自分に自信がない

・利害関係にしがみついていました

なかなかここまで
自分を客観視して
正直に書く人はいないと思います。

つまり・・・

信頼が得られる一番の方法は、

【正直さ】

です。

私は一変にHさんを
信頼できる人だと思いましたし、

応援したい気持ちになりました(^o^)

紹介連鎖が起きる人の特徴は、
応援したい気持ちにさせる
人なんですよね。

実は・・・

前号でご案内した
ストーリー作成セミナーもそうです。
⇒ https://mail.omc9.com/l/02bQYo/byqWxg1N/

ストーリーを
お客さんに渡しただけで
「実は余命数ヶ月の命と言われて…」
と絶対に身内以外の人には話さないことを
打ち明けてくれた
というクライアントの報告がありました。

その理由は
ストーリーの中で、

正直に自分のことを書いている
^^^^^^^^^^^^^^

からです。

お客さんに正直に何でも
話させようとする前に、

まずは自分から正直に打ち明けること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

このことがとても大切だと
知ってはいましたが
Hさんのメールを読んで
さらに確信に変わりました(*^^*)

Hさん!
ありがとうございます(^o^)

 

▼今日のポイント
【カッコつけるより正直になろう】