大成功したのに失敗と思っていたHさん。もしかしたらあなたも、そんな勘違いをしてませんか?

こんにちは!
今の事務所に移って1年経ちましたが、
また新しい事務所を探している、
木戸一敏です(^^)

今の事務所は
車の通りが思った以上に多くて
うるさいのと、

スタッフが出社するのに
駅から遠いので引っ越しを考えています。

1年後の更新まで
今からじっくりいい物件探しをします(^o^)

さて今日は・・・

成功しているのに
気づかない人についてシェアしますね。

成功していることに気づかないと
永遠に成功しないので
極めて重要な話です。

実はその人が
下請け脱出を考えている
大工のHさんでした。

「仕事がどんどん入ってくることは
ありがたいと思うべきだけど
でも下請けだから単価が安くて…」

Hさんは子供3人と
奥さんの5人家族。

今の収入では
生活するのにギリギリ(><)

これからどんどん子供たちが大きくなって
お金もかかるようになるのに
このままじゃ行きたい学校に
行かせてあげられなくなる…(-_-;)

そこでHさんは、
元請けになることを
考え始めたと言います。

ただ、
そこで問題になるのが集客。

どうやってお客さんを
集めるのか?
ここがめちゃ肝心なところです。

飛び込みやテレアポは
できないしやりたくない。

SNS集客はネット音痴なので
ストレスになるだけ。

いろいろ考えて行き着いたのが
チラシ集客でした。

Hさんがスルドイのは、
誰もがネット集客をやる時代になった
今だからこそチラシがいいのでは
と思っていた点です。

そして私と出会い
人柄チラシを完成させ、
330部を新聞に折込みました。

すると・・・

なんと!

3件の問い合わせが入り、
2件が即決!

売上180万円になりました\(^o^)/

いきなり大成功です(*^^*)

ところが
それからしばらく
何の連絡もないんです。

体調でも崩したのかと思い
電話をしました。

木戸「お元気ですか?」

Hさん「はい、体だけは元気でやってます」

木戸「体だけって、チラシめちゃ調子
良かったじゃないですか?」

Hさん「え?あれ調子良かったんですか?」

木戸「え?じゃ今何してんですか?」

Hさん「失敗かと思って何もしてないです…」

そうっか…

Hさんは集客するのが初めてだから
費用対効果の感覚がないんだと思いました。

そこでHさんに
こんな話をしました。

集客にかかったコストは、
チラシ紙代、印刷代、
新聞折込代を合わせると
チラシ1枚7円でした。

これを330枚新聞に折り込んだので
かかったコストの合計は、
7円×330枚=2310円です。

つまり・・・

2310円投資をしたら
180万円も売上が上がったことになります。

こんなメチャ効率のいい投資は
ないですよね(^0^)

仮に粗利率が30%だとしたら
180万円×30%=54万円
の利益です。

利益54万円から
チラシ集客にかかったコスト
2310円を差し引くと・・・

537,690円が
純利益になります。

「十分利益が出ているのに
なんで集客やめちゃうんですか?!」

と聞いたらHさんは、、

「330枚撒いて2件の契約だったので
反響率でいうと1/165じゃないですか?
木戸さんのいう1/50に程遠いので、、

やっぱり私に才能がないんだって
落ち込んでいたんですが違うんですね」

いやぁ〜、
それは大きな勘違いです(^o^;)

一般的なチラシだと1万枚撒いて
やっと1件問い合わせが来るのが普通で、
それも相見積りが多いので
成約率は30%以下と言われています。

それに比べたら大大大大大大大大大大
大成功ですよ(^o^)

まぁでもHさんの笑顔が復活して
違うエリアにまた新聞折込を
することになったのでよかったです(*^^*)

反響率も大切ですけど
失敗か成功かを判断すべき点は
費用対効果を見ることです。

Hさん!
利益が出ているうちは
どんどん広げていきましょう(^o^)/

▼今日のポイント
【集客は費用対効果を見よう】